日本初!「飲む」次世代スキンケアのディフェンセラ

 

日本初販売の肌トクホ商品で、

2019年最新の飲むインナースキンケア食品としても注目されているのが、オルビスのディフェンセラという商品。

 

三浦春馬さんや黒田エイミさんが出演しているまるでヌードに見えるようなテレビCMでも注目が集まっています。

 

このブログでは、ディフェンセラ愛用者の私が実際にどのように購入したのか?飲んでどんな効果を感じたのかなど、体験談や飲み方、購入方法などを徹底検証。

 

オルビスのディフェンセラの最安値での購入方法も紹介しますので、インナースキンケア食品として注目されている理由や魅力を知ってください。

日本初販売の肌トクホ商品のディフェンセラとは?

オルビスのディフェンセラをおすすめする理由のひとつが、日本初販売の肌トクホ商品として売られているところ。

 

トクホ(特定保健用食品)とは、

国の厳しい審査のもとに、機能性が表示できる商品のことで、ひとつひとつの商品の機能を検査・確認して消費者庁長官が認めた商品にだけ使うことが許された基準のこと。

 

トクホマーク(特定保健用食品)

 

トクホマークが付いているので、

パッケージを見れば、オルビスのディフェンセラの機能が確認されているということが証明されますし、それだけで安心して飲むことができますよね。

 

2017年には、ポーラのリンクルショット メディカル セラム、2018年にはONE BY KOSÉ ザ リンクレスなど、シワ改善クリームが発売されましたが、これらの商品はあくまでも外から補うスキンケア化粧品。

 

飲むトクホや飲むインナースキンケア食品として、

実際に販売することができたのはオルビスのディフェンセラのみだから、スキンケアが面倒だったり、その時間を作れない人にもおすすめでしょう。

 

飲むだけのスキンケア食品
オルビス ディフェンセラ公式サイト
初回限定送料無料&割引ポイントでさらにお得

 

米胚芽由来グルコシルセラミドが注目成分。

オルビスのディフェンセラがトクホ(特定保健用食品)として認められたのは、米胚芽由来グルコシルセラミドの機能性が確認されたから。


トクホ取得までかかった期間は10年間。

とてつもない時間の基礎研究や安全性の確認検証などを行って、ようやく発売することができた商品だから、美容業界でも注目されているインナースキンケア食品だといえます。

 

ディフェンセラトクホ確認データ

 

米胚芽由来グルコシルセラミドとは、

良質な玄米1トンから1~2gしかとれない希少な米胚芽由来のセラミドのことで、それをさらに純度を高めた「高純度グルコシルセラミド」にすることで、肌のうるおいに内側からアプローチしてくれます。

 

高純度セラミドが肌からうるおいを逃しにくくするのは、

 

  1. 水分が逃げやすい最外層を強化
  2. 肌表面の細胞のすき間をふさぐ
  3. 肌の奥の細胞のすき間までもふさぐ

 

この3段階のバリア機能で肌にうるおいを留めてくれますし、肌に存在するセラミド産生工場を立て直す働きも期待できます。

 

その結果、加齢や肌環境の悪化によって低下したセラミドの合成酵素を増やし、肌自らの力で作るセラミド量を増やすことができるというわけ。

 

飲むだけのスキンケア食品
オルビス ディフェンセラ公式サイト
初回限定送料無料&割引ポイントでさらにお得

 

ディフェンセラの安全性は?副作用なく安心して飲めるのか?

ディフェンセラの安全性は?副作用なく安心して飲めるのか?

ディフェンセラが肌トクホとして、日本初販売の商品であることや、実際に肌のうるおいを逃がしにくくする機能が確認されている事はわかったと思います。

 

しかしこれまでにないインナースキンケア食品として発売された新商品である以上、安全性は大丈夫なのか?

 

危険性や副作用の心配をしなくても大丈夫なのか?

というディフェンセラの安全性に関わる部分が気になる人もいると思いますし、やはり口にする食品である以上、安全性のチェックは必須ですよね。


この点に関しても日本初販売の肌トクホだということで、機能性の高さだけではなく、安全性の高さについても十分な研究と議論が行われていると考えられます。


発売するまでにかかった期間は10年間。

しかし、そのうちの4年間はオルビスのディフェンセラの安全性や有効性の確認に費やされています。


希少性の高い米胚芽由来グルコシルセラミドを高純度で含有していても、用法や用量を守って飲んでいる分には問題はないでしょう。

 

130名以上もの被験者が実際に3ヶ月連続服用しても、健康や美容面での問題がなかったことは確認されていますので、安心して飲んでも良いと思います。

 

ただ投薬治療や入院加療中の方や、妊娠中・授乳中の方で心配な場合には、担当医師に相談してから飲めばより安心できるでしょう。

 

オルビスのディフェンセラの原材料と栄養成分表は?

安全だと言われてもどんな原材料を使っているのか?

実際に摂取できる栄養成分表はどうなのかということも気になると思いますので、簡単に紹介すると・・・


オルビスのディフェンセラの原材料は、

 

  • 還元麦芽糖水飴(国内製造)
  • ユズ粉末果汁
  • 米胚芽抽出物
  • シクロデキストリン
  • 酸味料
  • 香料

 

わずか6種類しか配合されていませんし、これらの中には重篤な副作用や危険性を誘発するような成分は含まれていません。


ディフェンセラの栄養成分表を見ても、

 

名前 摂取量
エネルギー 3.3kcal
糖質(炭水化物) 1.5g
グルコシルセラミド 1.8mg

 

ディフェンセラ1包が1.5mなので、

糖質とグルコシルセラミドだけだということがわかりますし、カロリーも僅かなので毎日飲み続けても太るようなこともないでしょう。

 

オルビスのディフェンセラは、

原材料や栄養成分表からも安全性が高く、安心して飲み続けることができる商品だということがわかりますよね。

 

飲むだけのスキンケア食品
オルビス ディフェンセラ公式サイト
初回限定送料無料&割引ポイントでさらにお得

 

オルビスのディフェンセラがおすすめの理由は?

 

オルビスのディフェンセラがおすすめの理由は?

 

オルビスのディフェンセラをおすすめする一番の理由は日本初販売の肌トクホ商品であるということですが、

他にもいくつかの理由があります。

 

 

  • 飲みやすく続けやすい商品である
  • 安い値段で購入できコスト面のメリットも
  • 顔以外のスキンケア機能も期待できる

 

実際にどういったことなのか、よりわかりやすく説明すると・・・

ディフェンセラは飲みやすく続けやすい商品

オルビスのディフェンセラは、

水なしで飲めるゆず風味のさわやかなパウダーだから、自宅でも会社でもちょっとしたスキマ時間にスキンケアを行うことができます。

 

一般的なスキンケアだと化粧水やローションで2?3分、ボディークリームを入念に塗れば10分以上はかかるでしょう。


しかしディフェンセラなら水なし15秒。

メイクの上からでも問題ないですし、仕事中に飲んでも上司や同僚に気づかれずにインナースキンケアを行うことができます。


ズボラさんでスキンケアが続けられない人、仕事や家事で忙しくてスキンケアが疎かになってしまったり、つい塗り忘れてしまう人にこそおすすめ。

ディフェンセラは安い値段で購入できコスパが良い

オルビスのディフェンセラの定価は3,200円(税抜き)ですが、初回限定の割引サービスを使えば、2,700円(税抜き)で購入可能。

 

1日のスキンケアに必要なコストはわずか97円。

高い美容液や美容ドリンクを飲むよりもコスパが良いですし、1日1包で十分なので、100円以下で全身スキンケアできるのはうれしいですよね。

 

3箱セットでも8,675円(税抜き)なので、1日97円のコスパの良さは変わりませんので、とても安い値段で全身のスキンケアができるのでとてもお得!

 

ディフェンセラは全身のスキンケアに役立つ

保湿スキンケアを行っている人でも、化粧水やローション、ボディークリームなどで全身くまなくできる人は少ないです。

 

背中の手の届きにくいところや、

塗ったつもりでも塗り漏れや薄塗りになってしまい、スキンケア効果が十分ではないこともあるでしょう。

 

ディフェンセラは飲むだけで全身のスキンケアが可能。

顔や首、背中、手やひじ、足先やすねなど乾燥しやすい部位や、手が届きにくい部位のケアに最適です。

 

かかとの乾燥が気になるなど、

冬の乾燥肌や加齢に伴う肌の水分減少によるダメージにこそ、インナースキンケア食品であるディフェンセラを活用するのはおすすめでしょう。

 

飲むだけのスキンケア食品

初回限定送料無料&割引ポイントでさらにお得

 

 

© 2019 オルビス ディフェンセラ rss